• 櫛を持っている女性
  • リスクを知る

    麦藁帽子

    施術が必ずしも成功するというわけではありません。
    場合によっては失敗することもあり得るのです。それを避ける意味でも失敗事例を知っておくべきと言えるでしょう。
    例えば、生え際に境界線が出来た場合見た目が不自然になり、自毛植毛をしたことが周りに知られてしまう可能性が十分高くなります。
    また、他の毛よりも濃い仕上がりになってしまうとその箇所だけ目立ちますのでおかしなことになるでしょう。
    バランスが悪く、失敗例としても多いようです。ただ、移植した部分がそれほほ薄くない場合は違和感がないと判断することができます。
    このように、自毛植毛でも失敗事例が沢山あります。髪の流れが不自然になり機械的な作業が生み出した例だと言えるでしょう。
    同時に医師が持つ技術がまだ未熟であったという判断に行き着くこともできます。
    植毛は、クリニックの治療方法で傷口がないと断言している場合も、メスを使わない方法で傷が残す可能性もあります。ただ、毛を倍増させれば目立たなくなるので問題はないでしょう。
    例え傷が残らない方法だったとしても、医師の腕次第で仕上がりに変化があることを覚えておきましょう。
    デザイン力や経験値・髪の生え方を熟知しているドクターを選べば失敗することもないのです。
    口コミサイトの声を参考に、信頼できるクリニックを探していきましょう。